2006 Kei DirtCup? RD.1@オートランド千葉

昨年から参加を始めたOMAスポーツカークラブ主催のダート耐久。毎回転倒などがあり未だノートラブルでの完走ができていないので、今回は「4輪以外の部分を地面に付けない、赤旗を出さない」を目標に掲げ完走を目指します。過去のリザルトを見る限りでは、完走さえすればほぼ確実に入賞できそうな位置に付けていますのであわよくばそちらも期待したいところ。

現地に到着し、まずは準備という事で豚汁製作開始(笑)前回、あまりの寒さに「豚汁無いと死んじゃう」という結論に達したので材料を揃えて来ました。前日の天気予報では最高気温も高い予想で不要かと思われたのですが、午前中は意外と寒く豚汁大活躍。美味しかった(´∀`)

マイカーを持ってない我等は当然レンタル車両での参加。その車両は当日用意された物の中から早い者勝ちというルールなのでとっとと受付を済ませ、以前から目を付けていたSUBARU VIVIOを押さえる。こいつは何が良いって、足回りが4輪独立懸架な唯一の車種なのだ。軽く回してみた限りではエンジンの調子も良さそうなのでこいつに大決定。 ドラミを経て、その車両に乗り込み練習走行開始。まず1発目乗り込んだモジャさん、快調に飛ばしご機嫌で帰ってくる。たまにギア抜けるみたい、と申し送りして古田さんへ。その古田さん、足回りの素晴らしさに感動しつつもやはりギア抜けを訴えてFatalにドライバーチェンジ。Fatalが乗り込み、走っていると確かにギアが抜け……抜けてない? 左手の感触からするとギアはきちんと噛み合っている。しかしコーナー立ち上がりでアクセルを踏み込むとトルクが抜ける。するとクラッチ?いやクラッチにしては滑り方がおかしいし、何よりこの音と感触は……ひょっとしてデフか!こんな所が逝った経験は初めてだが、まず間違いないだろう。足回りは抜群、エンジンも馬鹿みたいに元気で“勝ち”を狙える車なのでどうにかならないかと足掻いてみたが、どうにもならず15分が経過してしまう。 それでも重冨さんならどうにかしてくれるのではないかと淡い期待を抱いてドライバーチェンジしたが、3周ほどですぐ帰ってきて「危ないよあの車ぁ!」と撃沈。

本戦前にリタイヤはいくらなんでも切ないので主催者と交渉し、予備の車を貸してもらえることに。しかし借りたアルトはVIVIOと比べると「普通の軽」といった趣き。悪くは無いが、決して良くも無い。この車で、どこまで戦えるか……

慌しくシート合わせなどをしているうちに本戦スタートの時間が迫る。最早走るしかない。隊列を組み、ローリングスタートからスタートフラッグが振られる!

……スタート後、順調に走行はできているが重冨さんの腕をもってしてもなかなかペースが上げられない。赤旗や大きな接触なども無く順調にレースが進む中、じりじりと順位を下げていく。古田、モジャ、Fatalと乗り換えていくが各人のペースは殆ど変わらず。再度重冨、古田と交代し残り時間は1時間弱。「まぁ、完走できれば良いか」……そう思った矢先、オフィシャルによりピットインさせられる我等が12号車。駆け寄ると車体下部からオイルが漏れていた。借りた車は実はまだ作りかけの車で、アンダーガードがなくオイルパンを破損してしまったのが原因らしい。修理する手段も無く、残念ながらここでリタイヤ。またも完走を逃す結果となってしまったのでした。

次回は6月。今度こそ、今度こそ完走を……!!

PICT0744.jpg 木が枯れ見通しの良くなったコース

PICT0789.jpg 急遽借りることになったALTO

PICT0791.jpg 豚汁ウマー(゚Д゚)

PICT0799.jpg 前回横転した車体ですが元気に活躍中!

PICT0803.jpg スタート直前

PICT0816.jpg アウトからかぶせる華麗なコーナリング! (この直後インからぶつけられる)

PICT0849.jpg 車体に光る「Kartoff.jp」の文字 (チーム名は風来旅団なのに……)

PICT0876.jpg 「わーい、ドライブシャフト拾ったー♪」

PICT0878.jpg ジェットヘルがいかにもダートっぽくて良い感じ

添付ファイル: filePICT0789.jpg 88件 [詳細] filePICT0878.jpg 91件 [詳細] filePICT0876.jpg 94件 [詳細] filePICT0849.jpg 93件 [詳細] filePICT0816.jpg 86件 [詳細] filePICT0803.jpg 91件 [詳細] filePICT0799.jpg 97件 [詳細] filePICT0791.jpg 96件 [詳細] filePICT0744.jpg 95件 [詳細]