サマーフェスティバル11時間耐久@アップルフォーミュラランド text by Fatalwedge

昨年に引き続き参加しました、カート界最長のレース“アップルフォーミュラランド サマーフェスティバル”。昨年は10周年で10時間だったのが、今年は1時間延びて11時間耐久とさらに長い戦いに。時間が延びているのに参加人数は減っている風来旅団、今年はどんな戦いになるか。アップル最速チーム“RTかるがも”や極悪ドライバー+敏腕監督の集う“scratch side”に楯突く……のは厳しいとしても、全員が実力を発揮できれば表彰台の残り1席は充分狙える予感はあるので頑張りたいところ。

昨年は初参加で勝手が掴めなかった事もあり、ピット戦略を若干ミスするなど不手際が目立ったので事前に綿密な作戦を立案。また、集合時間が早まったこともあり前日から現地入り(ついでに場所取り)するなど周到な準備。翌日に過酷なレースが控えているのにワールドカップ観戦して夜更かしなんかしませんよ。しませんってば。……ちょっとしました(笑)

夜が明け、意気揚々とサーキットに乗り込んだものの朝の天候は雨で、時折激しく叩きつけコースはフルウェット。一応天気予報では降り止む予定だが……と思っていたらスタート直前に止んだ!これは神の助けか、はたまた悪魔の誘惑か。

記念撮影を済ませ、いよいよ長丁場の開始。スタートドライバーは当然奥村隊長が務める。スタート方式は耐久レースの伝統、ル・マン式。一直線にずらりと並べられたマシンに向かい、駆け寄る体制を整える各ドライバー。午前9時、フラッグが振られレーススタート!

奥村隊長は普段使用している腰部サポートのパッドをあえて使用せずダッシュに賭ける作戦が見事はまり、絶妙の飛び出しで3位から一気に首位までジャンプアップ! 【Official photo】→【Official photo】→【Official photo】→【Official photo】→【Official photo】→【Official photo】→ →【Official photo】→【Official photo】→【Official photo

『↑オフィシャルの方が、絶妙なスタート写真を撮っていらしたので、リンク♪(おくむら)』

ウェットで予想されたスタート直後の混乱も無く、タフな戦いが予見されるスタートシーンだった。その後快調にドライブを続ける我等が13号車だったが、すぐ後ろから恐らく本日1番の“当たり”車体であろう12号車が迫り、17周目でついにトップ交代を許してしまう。が、2位はキープし18分が経過、最初のピットサインを出す。

2番手は渉。不慣れなコースとウェットという悪条件でてこずったか、奥村隊長より2秒以上遅いタイムしか出せない。ついにはスピンしてしまい、さらにスピン後そのまま再スタート(※)してしまいペナルティを受け、結果としてかなり順位を落としてしまう。 (※)コースに対して90度以上の角度で静止した場合、ドライバーは一度降りてマシンを進行方向に向けなおしてから再スタートしなければならないローカルルール。

3番手は“ダンディ”川田。アップルのコースは直前のBSカップで1度走っただけのはずだが、相変わらずセンスあふれる超アグレッシブな走りでモリモリ順位を戻していく。このまま首位奪還だ!と思ったのも束の間、スピンを喫してしまう。去年のわいてぃ君を髣髴とさせるお茶目さだ(笑)

そして4番手はモジャ。去年も思ったが、CKカップなら既に終了している時間なのにこのレースはまだ1割も消化していないという現実は改めて長丁場を意識させる。そして長丁場では周回遅れの処理と同時に、自分達がトップではない場合“抜かされ方”も重要になってくるが、昨年はコースオフィシャルが出す青旗が判別しづらいという問題があったので今回は「My青旗」を製作し持参。自分達より順位が上のマシンが迫ってきたらこれをチームメイトに提示し安心して“抜かされて”もらうと言う作戦が目論見通り奏功。この後10時間に渡って活躍することになる。

5番手はFatal。このあたりから路面が乾いてきて、ここまで41〜42秒というタイムだったのが一気に38秒前後まで上昇。つられるようにレースもヒートアップしてきて、各地で熱いバトルが展開される。

そして6番手、1順目ラストとなるドライバーはリ〜マン。直前でFatalが出した37.8秒というタイムを見て「よっしゃ目標36.5秒!」と見得を切って出陣するが結果は37.8がベストラップ(´Д`)ただ、相変わらず肩の力が抜けないドライビングだが以前と比べて各コーナーの勢いは明らかに増している。この調子でもう一皮剥けると良いのだが……

リ〜マンが走行中、トップを走行していた2号車がスピン、そのままピットインしてしまう。後で聞いたら最終コーナーでガードレールに接触、リヤタイヤがバーストしてしまったとの事。そしてさらに5号車の左フロントタイヤが外れるというアクシデント。ここで5号車回収のためセーフティカーが導入される。この時点でリ〜マンは既に15分ほど走行していたためセーフティカー中にドライバー交代を行なってしまう。意外なことにこの時ピットインしたのは風来旅団だけだった。果たして大きなアドバンテージとなるか!?

ドライバー一巡して奥村隊長、この時点でのベストラップを連発しつつ快調に飛ばす。さっきのピット作戦が功を奏したか、ここで5位まで浮上。さらに上を目指しペースアップのサインを送ると4位に3秒差まで迫る!……が残念ながらタイムアップ、ドライバー交代。

渉君は路面も乾いてきて落ち着きを取り戻したか、1順目とは打って変わってシュアな走り。何事も無く交代の時間を迎え……迎え……おーい交代だよ!!サインボード見てよ!……どうにかギリギリ時間内でピットイン、危なかった(´Д`)

ダンディ2順目、またもや好タイムを連発しながら4位集団に迫るが、まもなく追いつくか?という所で突如スローダウン。見るとアクセルを踏んでも加速しないらしく、手でアクセルレバーを直接操作している。もしやアクセルワイヤーでも切れたか?と心配しピットに駆けつけるが、どうやらペダルの内側のプレートを蹴ってしまいアクセルペダルが外れてしまっただけの模様。わずかな停止時間でコースに復帰するが、当然上位集団との差がまた離れてしまう。

ここで1回目の給油、5分間の長いピットストップ。本当は4時間を過ぎるまで粘りたかった(※)が、燃費が読めなかったので安全策を採り3時間ほどで給油。交代したモジャは淡々と安定した走り。 (※)4時間まではピット停止時間が短いため

そしてFatalの2順目。途中で12号車が来たので譲るが、譲ってから後ろに付いて走るとインフィールドは明らかにこっちの方が速い。最終コーナーの立ち上がりまではバンパープッシュできるぐらいの勢いで迫るのだが、ホームストレートから高速コーナーに掛けて一気に差が開く。ちくしょう、減量するぞ(´Д`)

リ〜マンにあとを任せFatalはランチに。サマーフェスティバルでは昼食が振舞われるのが恒例で、今年のメニューはキーマカレー。昨年のケバブよりは食べでがあって良い(´∀`)今年は天気が微妙だったためたこ焼きの用意をしてこなかったのでほぼ唯一の食料、しっかり食べておきたい所。

そのリ〜マンは“4時間”より前にピットストップに入りたかったためやや短めのスティントに。とか言いつつ4時間数秒前に滑り込みセーフでギリギリ。

奥村隊長〜渉くんの3順目は特に大きな問題も無く順調に経過。そしてダンディ川田はカメラ目線でピースサインを出しながら36秒フラットをマーク!やっぱアホだろこいつ(;´∀`)

モジャ、Fatalと順調にバトンタッチしていくが、奥村隊長がサインボードをミスしてしまいFatalが2周余分に走行、1分のペナルティストップとなってしまう。

しかしここでリ〜マンが漢を見せる。10号車と激しくバトルし一度は引き下がるも、間に挟まった14号車をあっさり征し再度10号車とバトル、2度目のバトルは完全勝利!この日のリ〜マンは光ってたぜ。

リ〜マンから隊長に交代する時に2度目の給油。隊長、渉くん共に順調な走り。そしてダンディ川田は相変わらず訳のわからない速さで35秒台をマーク!そしてモジャも36秒フラットを叩き出すなど絶好調。なのに順位は低迷。むぅ。

Fatalの4順目はひたすらバトルの20分となる。とにかく楽しかったのだがそれを邪魔する残念な車が1台。最下位付近で青旗も出されているのに道を譲らないどころか、何を勘違いしてるんだか必死にブロックしながら走っている。青旗無視に黒旗を出さないオフィシャルに腹を立てつつもどうにか抜かす。なんて楽しんでたらピットインのサインが。え、もう20分!?まだ5分ぐらいしか走ってない気分なんだけどなぁ。あまりに楽しくて時間が経つの忘れてました。

寝不足解消+最終スティントに向けて体力回復するためにFatalはここでお昼寝。小一時間ほど意識を失った後、ふとコースに目をやると3号車が怪しい動きをしている。何か見覚えがあるなぁ……と思ったら去年も危なかった奴だ(´Д`)

Fatalの最終スティントは多少疲れはあったが“全てを出し尽くす”事が出来た満足の行く走り。ピットに帰ってきてから15秒ぐらい動けませんでした。

途中で「ラストドライバー入れ替える?」なんて話もしていたが時間的に大きな問題も無いので、予定通りラス前リ〜マン、アンカー奥村隊長の走行順で行く事に。朝方にスタートしたレースも気がつけばすっかり日が落ちナイター走行。11時間から始まったカウントダウンもついにゼロまで減り……チェッカーが用意され……ゴール!!!

順位的には揮わなかった今年のレースですが、11時間もの長丁場を走りきった満足感はそんな事どうでも良く思わせてくれます。細かい反省点はあるものの、それはまた来年の課題にして風来一同は打ち上げに出発。一風呂浴びてから飲んだ乾杯のビールは最高の味で、ここ数年で一番と言っても良いほどの「美酒」でした。来年は表彰台に乗ってもっと美味しい酒にしたいと思います。

チームメイトの皆様、御陰様で非常に楽しい一日でした。来年もよろしく。

PICT2368.jpg スタート直前の土砂降り。この後晴れて湿気の高い、息苦しい一日に。

PICT2370.jpg スタート前集合写真。が、一人行方不明(笑)

PICT2374.jpg 1列に並べられたマシン達。

PICT2378.jpg 奥村隊長のロケットスタート!

PICT2380.jpg 水しぶきを上げながら1コーナーに突入していく集団。

PICT2382.jpg 11時間の長丁場……

PICT2392.jpg ♪ドナドナ〜

PICT2395.jpg 終始安定して早かった、流石の奥村隊長。

PICT2399.jpg 不慣れなコースに手間取ったか、イマイチ安定しなかった渉くん。

PICT2403.jpg 今年はモーターホーム完備!寝心地良かった(笑)

PICT2409.jpg 絶好調!のモジャ。

PICT2412.jpg テロリスト集団に対抗すべく、特殊部隊投入!?

PICT2432.jpg 相変わらず加速の鈍いFatal。

PICT2443.jpg 漢を見せたリ〜マン

PICT2448.jpg リ〜マン独走態勢!……いや別にトップじゃないんですが。

PICT2456.jpg 超カメラ目線なのに、この瞬間に35秒台突入するダンディ川田。

PICT2457.jpg そして日が暮れ……

PICT2470.jpg ゴール!!そのままピットのチームメイトとハイタッチ!

PICT2472.jpg 本当に、本当にお疲れ様でした!