2006 Kei DirtCup? RD.4@オートランド千葉 text by Fatalwedge

気が付けばクラス2位という順位で迎えた最終戦。よくよく考えると台数の少ないレンタルクラスでポイントを稼ぎ、台数の多いマイカー(無改造)クラスと総合順位を争うというのはちょっとずるい気がしなくも無いがあまり考えない方向で。

今年の千葉ダートと言えば雨か砂嵐の思い出しかなく、この日もコンディションを心配したが晴天に恵まれ、懸念した寒さもそれほどではなく、路面も朝露で濡れ土煙も立たないと上々のコンディション。そんな中まず朝は1番で受付を済ませ、先着順でVIVIOをゲット。やっぱVIVIOの足回りの良さは何物にも変えがたい。つーかうちのチームはメカ詳しい人居ないのでそれ以上チェックのしようが無いっていうのは言っちゃ駄目。とにかく目当ての車を手に入れて、豚汁作りながら静かにスタートを待ちます。……本当は練習走行の時間があったんだけど、この日はガソリン携行缶忘れちゃって燃料がやや心配だったのでパス。その練習走行はいきなり赤旗連発でろくに走行時間が取れてなかったので、結果オーライか。

この日は2時間×2ヒートの長丁場。以前6月に同じ時間構成で開催された時は見事クラス優勝を果たしているので、縁起の良さに期待したいところ。スタートからしばらくは大きな混乱も無しで淡々とレースが進む。が、いつも疲れが出てくる?後半あたりから色々と事件が起きはじめるので油断は禁物。この日も……ってあれ、前半の展開忘れた(´Д`)誰かフォローよろしく。やっぱ時間経つと駄目だ。

お昼休みに車をチェックすると、なんとブレーキが効かなくなってる(´Д`)流石にこりゃ駄目だろという事で主催者と交渉し代車をゲト。その代車だが、何故かエンジンが掛からない。何でだ?とボンネットを開けるとバッテリーが無い(笑)「朝は確かに自走できてたのに!?」誰が持ってったんだ?

どうにかバッテリーを確保し午後ヒートへ。VIVIOと比べて暴れまくるリヤに手こずるもそこそこのペースで周回。このままどうにかなるか?と思われたがまたもやマシントラブルでレース終了。トラブルさえなければクラス優勝できたな……と思うんですがそれは言わないお約束って事で。

本日は最終戦という事で年間の表彰が。風来旅団はABクラス2位となりました。

今年1年間「ドライバーのミスによる車両破損」を起こさなかったので、そろそろマイカー(B)クラスにシフトしたいと考えています。その為には真面目にメカの勉強しようっと。

PICT5596.jpg 「VIVIOゲット♪」と喜んだのも束の間……

PICT5605.jpg 何故か「開く」車その1

PICT5614.jpg 何故か「開く」車その2(笑)

PICT5617.jpg このあたりまでは調子良かったんだけどなぁ……

PICT5619.jpg バッテリーどこいった!?

PICT5629.jpg VIVIOと比べて尻が落ち着かないことこの上ない

PICT5645.jpg という事でシリーズ2位でした

添付ファイル: filePICT5645.jpg 71件 [詳細] filePICT5629.jpg 75件 [詳細] filePICT5619.jpg 69件 [詳細] filePICT5617.jpg 79件 [詳細] filePICT5614.jpg 77件 [詳細] filePICT5605.jpg 75件 [詳細] filePICT5596.jpg 72件 [詳細]