*フレンズ耐久@茂原西コース(text by リ〜マン)

フレンズKEMが主催するレンタルの耐久レースに茂原へ行ってきた。このイベントはハンデの設定が絶妙でピットイン時のお題目の速さ(バナナ早食い、スペアカーの部品交換、etc)で勝負が決まるという、遅い人も速い人も一緒に楽しめるをコンセプトにしたイベントらしい。

nishi1.JPG nishi2.JPG nishi3.JPG balans.JPG ↑借り入れと返済、ではなく需要と供給のバランス(笑)?

準備をして開始を待っていると、ヤスキチさんという方から「ホームページ見てますよ〜」と声をかけられる。更新しなきゃとプレッシャーが掛かる(笑)

(マシン) このショップが用意した中古型落ちのレーシングフレームにGX200の組み合わせ。フレームの年式形状が異なるがエンジンがGX200ならどれでも同じか?

(ウォームアップ) 適当の乗り込んだマシンが当たりだったらしく参加者にはバリバリのマジカーター(半ボランティアのチーム員?)がいる中、梵天氏がトップタイムを記録。決勝レースでくじ運が来れば優勝狙えるかもwと皆の期待が膨らむが…。

(予選) 1lapの1分アタック。1分にうちわで近い順にグリッドを決定、kiyoさんにアタックを委ねるが…抽選のマシン(12号車)が発進しない?エンジンかかっているのにアクセル吹かしても動かない。排気系に不具合があるらしくスムーズに抜けずにトルクが出ないらしい。とりあえず他チームのマシンで予選を行いその間にマフラー周りを交換。 結果は5番手、ここからなら梵天氏の軽量を生かしたダッシュでトップに立てるかもwと期待が膨らむが…。

(決勝2時間耐久) スタートは変則ルマン式、スタートドライバーはエンジンを切った状態でマシンに乗り込んで待機、スタートの合図で走り役の人がグリッドまで走ってスターター役の人にタッチ、これをうけてエンジン始動&スタートとなる。 さあフラッグが振り下ろされてフレンズ耐久のスタート!エンジン始動がスムーズに決まって梵天氏の軽量を生かしたダッシュで・・・て、あれ?じぇんじぇん加速しない?あれよあれよというまに最下位へ転落。どおうやらトラブルは完全には解消しなかったようで一応走りはするがトルクが出ないもよう。エンジン音が変で明らかに直線スピードが遅く面白いようにパスされまくる。あっという間に周回遅れになったところで走っている梵天氏を残してクラブハウスへ引っ込みマターリモードヘ(笑) このイベントはホスピタリティーが用意されコーヒーやおつまみのサービスがあり、「バタークラッカー旨ぇ〜」とだべりながらレース展開をマターリ眺める。その間走っている梵天氏は放置プレー状態(笑) 「あ、交代時間過ぎてるw本当に放置プレーになってたww」 2番手のごうはらさんへマッタリとドライバー交代、他のチームが慌しくピットイン時のアトラクションをこなして再スタートしていく中、1チームだけ違う時間が流れる(笑) pit.JPG ↑カードに書いてあるネタをこなす。

放置プレー状態のドライバーが″このマシンでどこまでタイムを出せるか!″に挑戦している間、残りの人はクラブハウスでマターリという流れでレース終了。

で、各人のベストタイム 梵天 44”246 (でもファステストラップから4秒4も遅いw) ごうはら 45秒前半? Kiyo 45秒前半? リ〜マン 46秒前半(要減量w)

で、放送された順位は7位?(12台)。あまりにも遅いということでピットイン時のネタの一部(かなり?)免除等の救済措置がとられたが、それらはガス欠ストップ&車両回収や、そりゃ回避すんの無理やろ!なもらい事故等で相殺したと思われるので、この順位は意外。 っということは8位以下のマシンってどんだけスピンしたり当たったりしまくってたんやろう?と思っていたら茂原のオーナーより走りが荒く接触が多かったという講評が。ごうはらさんによるとこのイベントでこんなコメントが出たことは今まで無く、この日は慣れていない人が多かったらしい。

(余談) 帰りは錦糸町の飲食店フロアのラーメン屋へ、メニューに爛ツ・・・ラーメン″というネタを見つける。説明書きには狎簗なあげたてのカツを…″とあり皆で注文。 食べてみて思った・・・コレはコレで有りだが、狎簗!″と言うよりは猗妙〜″かもw

添付ファイル: filebalans.JPG 65件 [詳細] filepit.JPG 72件 [詳細] filenishi3.JPG 65件 [詳細] filenishi2.JPG 60件 [詳細] filenishi1.JPG 66件 [詳細]