各種レポートのページ

  • CKCUPなどのレースや練習会、その他イベントなどなどをレポート形式で綴ります。
  • このページは過去分です。最新はこちら→ EventReport

CKCUP2005 25th text by Fatalwedge(2005/04/03)

2005年4月3日、F1のシーズン開始に遅れること一ヶ月でCKカップも今年のシリーズが開幕しました。 いつものごとく風来メンバーはサンデーサンに集合して作戦会議から。 今回は古田さんとれいさんが仕事などで不参加。 代わりという訳ではないですが吉川君が今回から風来メンバーとしてデビューです。

吉川くん Photo by ANJYE

最近恒例になってきた司会として、去年も来てくれたZUPPYこと図師さんが素敵な声で会場を盛り上げます。 風来パラソルが「金持ちチームなんですね」なんて突っ込まれたりする和やかな雰囲気の中、 組み分けでAグループに渉君、BグループにFatal、Cグループにモジャ、Dグループに吉川と風来メンバーが綺麗にバラけて タイムアタックチャレンジクラススタート!

渉くん Fatal モジャ Photo by ANJYE

注目は万年2位の不遇の戦士TomyLee?さん。 一発目のアタックから好タイムを出し「ようやくか!?」と期待が高まります。 Fatalは相変わらず車運が悪いらしく、走行開始後いきなり左リヤがバースト(´Д`) その後すぐタイヤ交換してもらい普通に走れたのでまぁ良しとしますが、 風来メンバー各員ともイマイチタイムが出ず微妙な面持ち。 以前から懸念していたタイヤバリヤを押せてしまう問題が顕著に出ていて不公平感もありましたが ひとまず結果を待ちます。

ZUPPYが時折F1バーレーンGP予選の結果を流しつつ、 CKに夕日が差すころチャンピオンクラスがスタート。 今回出走順が申し込み順となっていたようで、風来の3人がBグループで同時に走ることに。 ZUPPYが川田君の服装をやたらと気に入ったらしく「ダンディ川田」などと弄りまくる(笑) 1ヒート目はカンカンに晴れていた状況から雲が出始め、 日も暮れてきて路面温度低下に伴い各車タイムが下がり始める中 タイムアタック2ヒート目でわいてぃが30秒台を叩き出し会場を沸かせる! その後もっとタイムが下がるかと思いきや エンジンのパワーアップ率の方が大きかったらしく後半のほうがタイムが上がる展開に。 本番前に行った練習走行ではタイヤのグリップにエンジンパワーが喰われて 加速が伸びない印象もあったのでそれが解消されたのもあったのか。 重冨さんがラストに30.3をマークするなど、若干後半有利の展開に見えるが結果はどう出たか。

奥村隊長 川田くん わいてぃ Photo by ANJYE

そして耐久、天気予報が的中するかのように黒い雲が迫り前半に走るほうが有利かと予想される中、 抽選で「with要」が前半、2番グリッド、そしてこの日一番速い1号車を引き当て期待が高まる。 開始前の期待通り、with要チームはスタート直後で首位に踊り出た後ぶっちぎりでトップを疾走し、 途中のピットインなども周回遅れに嵌る前に上手く入れ替える事ができるなど勝利は目前と思われたが、 ピットインのサインを出した直後川田君がなんとバックストレートのスポンジバリヤに突っ込んでしまう! 20秒ほどタイムロスし、最下位までは行かないものの3位までランクダウン。 その後わいてぃ君が頑張るがTommy's重冨さん相手にリカバリするのは流石に厳しくそのまま3位でフィニッシュ。 しかし重冨さんが1位の車に詰まってる隙にかなりのところまで追いついており、 あと3〜4周あったらまた面白い展開になっていたと思われる。 ちなみに川田君にクラッシュの原因を聞いたら「体力の限界」との事。 今後の課題として「体力強化」を命じられる(笑)

そして後半、結局天候は悪化せず前半後半の差はほぼなくなり実力勝負の様相を呈してくる。 with透チームは2番グリッドを引いたものの車はいまいちな5号車。 奥村隊長のスタートダッシュで1位に踊り出るものの、 1号車手打ちそばチームの怒涛の追い上げに耐え切れずまもなく首位転落。 その後モジャ、Fatal、吉川と頑張るものの予想外に車の差が大きく全く粘れない。 モジャが周回遅れをパスする際軽い接触からスピンした以外は大きなトラブルもなく4位でゴール。 前半同様3位の車が目前まで迫った時点でゴールとなってしまい、 あと少し時間があれば・・・という奥村隊長の悔しそうなコメントが残る。

表彰式、まずはチャレンジクラスから発表。 下の順位から発表されていき、 まずは16位モジャ。なんと17位とは1000分の2秒という僅差。 続いて15位吉川、さらに続いて14位渉君。 そしてFatalはどうにか6位入賞でトロフィーを貰えました。 気になる優勝は苦節3年のど真ん中TomyLee?さん!おめでとう!

久しぶりの入賞 Photo by ANJYE

そしてチャンピオンクラスでは、 6位川田君、惜しくも4位奥村隊長、2位には重冨さん、ってあれ?誰かの名前がまだ呼ばれてない…… なんと優勝はわいてぃ!! チャレンジクラス2戦目で勝利を挙げチャンピオンクラスに乗り込み、 そのチャンピオンクラスでもわずか2戦目で表彰台真ん中に立ってしまいました。 カート経験は2年未満、CKカップ参戦1年未満でこの快挙は凄いとしか言い様がありません。 やっぱ新婚パワーなのか!?(笑) ともあれおめでとう!

集中砲火 Photo by ANJYE

興奮覚めやらぬまま耐久の表彰が続きますが、 with透が8位、with要が4位というやや納得いかない成績。 しかしベストメンバーではない上にクラッシュがあったwith要、 順調に行っていれば十分優勝も狙える感触があったので次回に期待です。

西脇くんのと合わせて3つ Photo by ANJYE

本日超ノリノリだったZUPPYから、来週行われる1/5スケールラジコンのレースの案内をもってすべてのスケジュールが終了。 わいてぃ君の祝勝会と称して皆で焼肉屋に向かい、 なんだかすごい量の肉を喰って2005年度のCKカップ緒戦は幕を閉じました。

レースの最後で中山さんより講評があった通り、今回のCKカップはマシントラブルや接触がほとんどない良いレースでした。 ただタイヤバリヤを押すことによってコースレイアウトが変わってしまう(当然タイムも上がる) という問題は未だ解決されておらず、改善を望みたいところです。 またオフィシャルの不手際も若干目立ち、 ブルーフラッグを適切に出さず耐久レースで不要なペースダウンを招くなど やや課題も残ったレースだと思います。

次回CKカップまでには個人的にも練習を積んで、 チャレンジクラス表彰台を狙っていきます!

BSカップ30分耐久RD.4@アップルフォーミュラランド Text by Fatalwedge(2005/04/09)

4月9日、絶好の花見日よりで世間が浮かれ近所の公園が死ぬほど酒臭かったうららかな春の一日。 既にCKカップと並んで風来の主要な活動の一つとなっているBSカップ30分耐久レースに行ってきました。 参加者はFatal、渉くん、吉川くん、そして西脇君の4名。

柏IC付近の桜 Photo by Fatalwedge

まずはいつも通りドライバーズミーティングと車両抽選。 Fatalはここ数回車運に恵まれておらずストレス溜まりまくりなのでたまには良い車を引きたい所。 割り箸に書かれた数字は7号車!……と言ってもこの時点では良いのか悪いのかさっぱり判断がつかないんですけど(笑)

受付で配布されたトランスポンダを車体に取り付け、フリー走行がスタート。 前回CKカップ辺りから何か「一皮剥けた」感覚があったのですが、 フリー走行でもその感覚は維持できていて今までより一段高いレベルで車を操れているような好感触。 車の調子がそこそこ良いとは言え(点数を付けるなら83点という所)35秒台を安定して叩き出し 自身の感触が錯覚ではない事を証明します。

15分のフリー走行終了後、間髪入れずに予選タイムアタックのスタート。 前回までは気温がかなり低く、予選の順番でタイヤの温度にかなりの影響が出る事があったのですが 日も長くなり気温も高くなってきたこの日は最後尾近くのアタックでもそれほど酷い影響はなかったので インラップ〜TT1周目できちんとタイヤを暖め、2周目で懇親のアタック成功! 35.956というタイムで4位に食い込み、表彰台への期待が高まります。

ここで軽い休憩が挟まりますが、アップルの走行も初めてなら長時間の走行も初めてという西脇くんがかなり辛そう。 アップル2度目の渉くんと2人して車が悪いこともあり最下位を占拠。 吉川くんも8位と微妙に振るわず。

そして本戦、Fatalはスタートを失敗しいきなり6位に後退。 というかあまりな加速の鈍さに「体重ハンデくれよ!」と心の叫び。 2コーナーまでに1台抜き返すものの、もう1台はずっと抜き返せずタイムも落ちてしまう。 インフィールドではこちらの方が速いものの、ストレートで離されるどこかで見た展開。 このままでは埒があかないと思い5周目でいきなりピットインを敢行。 知久さんから「体力もつの!?」なんてチャチャを入れられ一瞬時間のカウントを忘れかけるが コースに復帰した位置は2位の後方と狙い通り。 その後はひたすら順調に周回を重ね、周回遅れの処理などを除けば安定して35秒台でラップし続け 結果として4位でゴール。 順位よりも自分で満足の行くドライビングが出来たことが非常に楽しかったレースでした。

他の人の結果は吉川くん6位、西脇くんブービー、渉くん最下位でした。 西脇くん渉くんは本来の実力からすればもう少し上を狙えるはずですが、 参加者のレベルが高かったことに加え、 とにかく車がハズレだったようで納得行かない様子でした。 ただ、長時間の走行については2人とも「案外短かった」との事。 帰りは皆方向がバラバラだったので食事などは行かずまっすぐ帰宅。 次回Kartoffでの再開を約束して解散と相成りました。

ブービー賞 Photo by Fatalwedge

今回の所感ですが、とにかく車を操っていて楽しかった。 少し前にはスランプと言うよりは「越えるべき壁が見当たらない」ような感覚だったのが いつのまにか上手く行っちゃったような感じ。 逆に今までは「ここがきっと悪くて、こうしたら良くなった」というのが比較的はっきりしていたので それを乗り越えた時は自信にも繋がったのですが なんとなく越えちゃった今回は「これでいいのかな?」という不安も若干あり。 来月まで講習型Kartoffもないし、しばらくは脳内イメージトレーニングで頑張るか。

F-1ドリーム平塚走行記・・・その後

ここは1万円の年会費(高いっ!)を払って入信すると、レンタル走行7本目で元を取り、 以降はかなりお得になる。結局、CKより近く今後頻繁に走りに行くことはほぼ確定なの で入信しました。(^^ゞ 結局入会

これからガンガン走って元を取りつつレベルアップしたいとこなのだが、タイム的には レンタル走行9本目にして早くも頭打ち(T_T)。 33秒を切ったあたりと、上級者の目安タイム31秒台後半から1秒チョット落ちと いつもと同じ。

(現状) 重富さんの教え:タイヤのグリップをキッチリ使い、二次曲線のラインを描く。 コーナー進入前の直線部分から予備動作を開始し、曲線の頂点付近でタイヤの グリップ力が最大限コーナリングに使われる。(こんな感じ?) 教えを再現しようとするが・・・遅い!

(遅い原因) スライドさせないことに意識が集中しすぎ、必要以上に速度を落としてしまい 無難にたら〜っとコーナリングしてしまっているように感じる。 かといって、速度を上げて進入すると(君には勢いが足りないとよく言われる (^^ゞ )、 オーバースピードor姿勢を作れない等で走行ラインを外れあわやバリアに激突!しそうになる。 これらの原因はグリップ限界の判断がついていない事によると思われるわけですが、 そもそもグリップ力が”余っている”or”キッチリ使えている”の判断ってどうやるのでしょう? ”ズルッ”といけばグリップ限界を超えたことが解るわけですが、そうなってからでは遅い。

結局・・・少しおくまでツッコミ、ブレーキを強く掛けてリアを浮かせ気味にすっ飛ばして ドリフト気味(っつーか完全なドリフト走行?)に走った方がマシ!と言う状態(T_T)。

レーシングカート体験@フェスティカ Text by Fatalwedge(2005/05/07)

お〜しんさんのご好意でレーシングカートを一台譲って頂ける事になりました。 で、流石にいきなり自分たちだけでサーキット行くのもあれなので、 お〜しんさん達がお世話になってるBEMAXの人との顔合わせを兼ねてフェスティカに行ってきました。

FESTIKA Photo by Fatalwedge

まずはメインの目的であるBEMAX Racing小野尾さんと面会。 色々お話を聞き……たかったんですが準備などなどで忙しく後回しに。 この日は午後に耐久レースがあり、それにチームあら?モードが出場するサポートで来ていたのでそっち優先は当然。

フェスティカの営業スケジュールはスポーツ走行時間とレンタル・初心者時間が交互にあるんですが、 レンタル・初心者時間はライセンス無しでも乗れるというのでそちらの時間帯であら?モードから車を借りる事に。 まずはFatalが乗車。 レーシングカートは新東京サーキットで一度乗ったことがあるものの、 久しぶり・知らないコース・借り物の車という条件でかなりセーブして走ってました。 それでも普段のレンタルカート(4スト200ccエンジン)では味わえない強烈な加速と横Gを堪能できました。 ちなみにベストタイムは33.9秒。あら?モードメンバーの0.5〜0.8秒落ち位と、慣れない車と初めてのコースにしてはかなり良い方かと。 次にいっしょに来ていたチームメイトわいてぃ君が乗車。 レーシングカート初体験のはずだがCKカップチャンピオンクラス優勝の腕前は伊達ではなく いきなり33.2秒というタイムを叩き出し一同びっくり。

MACHINE Photo by Fatalwedge

その後もう1セッション乗る時間があったのですがFatalは既に集中力が切れてしまっていたのでパス。 わいてぃ君も「折角だから……」と乗ったものの、疲れからまったくタイムが伸びず終了。 「(特に最終コーナーで)首がきつい」とはわいてぃ君の談。 とは言え相当楽しかったらしく「もうカートオフ行かない」なんて言い出す始末(冗談半分だけど)。 もちろんFatalもきっちり楽しみ、 今後いつでもこれに乗れるかと思うとワクワクしてたまりません。

PRE_RACE Photo by Fatalwedge

午後のレースであら?モードは少々残念な結果になってしまったので詳細は割愛。 終了後、フェスティカから5分ほどの場所にある太子館という温泉で汗を流し、 美味しい食事を味わいながら小野尾さんにお話を聞きました。 こちらのチームの体制や車の状態など細かい事が決まっていない事から「詳しい話はまた後日」という感じになってしまったものの とにかく、素敵な情熱(と確かな技術)でサポートしていただける事は解りました。

今後が楽しみです♪

体験型Kartoff♪Vol.53 レポート text by Fatalwedge(2005/04/29)

4月だと言うのにうだるような暑さの中、体験型Kartoffが開催されました。 今回は久しぶりに多くの参加者に来ていただき、総勢30名ほどの人数に。 当然初参加の人(=初心者)も多くまったりとした進行でした。

いつもの如く遅刻寸前の主催者を無視し(笑) お〜しんさんから挨拶、そして車とコースについての説明をしているうちにどうにか主催者到着してKartoff開催。 往々にして初心者が多い時は皆準備にもたついてすぐ乗れないので、 既に準備済みのFatal含め常連6名で1回目の走行スタート。

先に書いた通りこの日は気温が非常に高くエンジンもタイヤもタレタレ、 しかもそのタイヤはどれもこれもバースト寸前の凄いタイヤばかりで、 前週のレーシングカートの余韻と相まって(車が悪すぎて相対的に)自分が上手くなったような錯覚をする(笑) 当然タイムもまったく出ず、普通に走ってもつまらないのでごうはらさんと遊ぶ事にするFatal。 いつもCKを上手く走れないと愚痴をこぼしてるので、ラインを見せるために追いつくのを待ち目の前を走る。 半周しないうちに差がつくのでバックストレートでまた少し待ち、 ホームストレートでまた待ち、なんて事を繰り返しながらラスト3〜4周回ってました。 ピットに戻ってから感想を聞くと 「同じようなラインを通ってるつもりなのに何か違う」との事。 そりゃそうだ。その「何か」が解らないと速くなれないのよねー、って俺もそんなに偉そうな事言えるほど速くありませんが。 何せCKカップチャレンジクラス表彰台にすら上がれないヘタレだからな……_| ̄|○

その後、前半終了までFatalはピットからイエローフラッグ一本かっぱらってコース中央でずっと旗振りしてました。 流石に初心者が多いと軽い接触やスピンが多発しそのままでは危ないと思ったので。

前半終了後はちょっと時間を空けてもらいお子様走行タイム。 今回はうちの要に加え、mixi経由で初参加mieさんのご子息(5年生)も初挑戦。 いつも要が乗ってるキッズカート(レオンK30)に加えジュニアカート(コマーS60)も出してもらう。 本当はよしたけさん(同じくmixi経由初参加)のご息女(3歳)も乗せたかったのですが、 実車見てあっさりびびってしまったらしく今回は見送り。 まぁ仕方ないですね。うちの息子も最初そんなんだったし。エンジン掛けたらきっとさらにびびっちゃいますよ(;´∀`) 実際の走行は要が5周、mieさんのご子息が3周ほど順調に消化し終了。

後半はミニ耐久レース。 ……しかし耐久とは名ばかりで、15分を6人でローテーションする忙しいレースに。 4周ほど走ったらすぐピットイン、の繰り返しで慌しい事この上ない。 初心者の人に雰囲気だけでも楽しんでもらえた、かな。

人いっぱい Photo by Fatalwedge

終了後はいつもの通り集合写真の記念撮影をした後会計を済ませ、 時間のある人はサンデーサンに行き食事兼だべりに突入。

Fatalはそのあと祖母宅までとみのさんとFCでドライブ。 実はFCをとみのさんに売りつける算段をしてて、 状態など見てもらいがてらのドライブだったんですがさてどうなることやら。

オフカイ写真追記(text by wataru)

どうもお騒がせしました。わたる軍を中心に掲載しますが、よろしくどうぞ。

初参加10名を超えて乗車説明にも熱が入ります。 P1080036.jpg  Photo by Wataru

左から山本・大塚・須賀  P1080081.jpg Photo by Wataru

新人(浪川・野口)と読書中の斎藤さん P1080080.jpg Photo by Wataru

松本です。 P1080069.jpg Photo by Wataru

おまけ:わたるチームはPPを確保 P1080083.jpg Photo by Wataru

集合写真 P1080093.jpg Photo by どなたでしたっけ?

おまけ2:両津も乱入!! P1080038.jpg Photo by Wataru

以上

遠征記@F1Dream平塚 text by Fatalawedge(2005/05/14)

第二土曜日。 普段ならアップルフォーミュラランドのレースに行く所だが、 今回は自分の他に誰も行かず、一人で行く気力もイマイチなかったため 風来のBBSに「マンドクセ('A`)」って書いておいたら 古田さんから「今から平塚行きません?」とのお誘い電話が。 すでに昼過ぎだったので「今から?」と一瞬躊躇したものの よく考えたら元々夕方から走るつもりだったので別にいいか、と思い出発。 平塚駅で古田さんを拾い4時前ぐらいに現地到着。

平塚の第一印象は「いい場所にあるな」と。 山奥(笑)のアップルや、駅前とはいえ奥まった場所にあり人目につき難いCKと違い 馬入ふれあい公園というのが目の前にあり、道路(駐車場)からコースが良く見える。 これは宣伝効果が高いだろうと思いましたし、事実「初めて」と思しき人たちが沢山居ました。 看板だけいくら立てても、実物のインパクトには敵いませんからね。 そして何より好印象だったのはコースマーシャルが非常にキビキビと動いており、 「これなら安心して走れる」という安心感があった事です。

受付を済ませスーツに着替えたら案の定周りからジロジロ見られ多少恥ずかしさを覚えると同時に 「これで変なタイム出したらヤヴェ」という危機感を覚える。 一応(このコースは)初めてという事で一通り説明を受けいざ乗車。 事前にごうはらさんから話を聞いて察しはついてたんですが、 CKなどに比べて路面のミューが低く全然グリップしない。 車がCKと同じなのでつい同じような感覚で突っ込んでしまいとっ散らかること数度。 それでも10周の間にはどうにか慣れてきて、初回のベストラップは32.8秒。 古田さんからノルマを課されていた32秒台にはどうにか突入し一安心。

2回目、だいぶ慣れては来たものの思うようにタイムが伸びずベストラップ32.7秒。 人が走ってる間に息子がおねえちゃん達をナンパしてたらしく ロビーに居た皆から「お父さんすごーい!速いですねー!」と出迎えられてしまいびっくり。 自分では全然納得行かない走りだったんだけどなぁ。

当日のみ有効の回数券(3回)を買ってしまったのでもう一度乗ろうと待ってたけど 平塚、繁盛してるおかげで待ち時間が長い。 一応回数券さえ買っちゃえばその回数は意地でも乗せてくれるらしく、 20時から貸切が入ってたのでそれまでには乗れるかと思ってたら結局乗れたのは19時半頃。 大体1時間に1回ぐらいのペースになっちゃいますね。 主な原因は貸切やグループパックというミニレースがちょくちょく入るせい。 もう少し早いペースで乗れると良かったんですが、ちょっと疲れちゃいました。

さてその3回目はというと、 待ってる間に雨が降りだしてしまいウェットコンディションでの走行に。 元々路面温度も低くタイムは出せないと思ってたので雨はむしろ望むところ。 「1コーナーなど、全開では曲がれないので必ず減速してください」 というスタッフの注意を無視し全開走行(笑) ここ最近真面目に走ってた鬱憤を晴らすが如く、 コーナー遥か手前から直ドリ→フルカウンター→全開!を繰り返した10周。 ひっさしぶりにお馬鹿やって楽しかった(´∀`)

F1Dream平塚 Photo by Fatalwedge

総評。 平塚は確かに良いサーキットだと思いますけど、良さが裏目に出ちゃってる感じもありますね。 うちからだとアップルとか他のサーキットと距離変わらないんでそんなに通うとまではいかないですが、 神奈川近辺に住んでる人にはかなりお勧めです。

体験型Kartoff♪Vol.54&講習型Vol.25 text by Fatalwedge(2005/05/21)

今回で開催4周年となるKartoff♪ Fatalは丁度1周年の回から参加してるので、カート始めてから丸3年という事になります。 確かに車は好きだったけど、当初はこんなにハマると思わなかった(´∀`)

いつもと違う角度から Photo by Fatalwedge

さてその4周年……の前に午前は講習型。 渉くんがグルグルバターになったり他の4人がブレーキングの練習したりしてる脇で6m四方ぐらいの空きスペースがあったので、 「4歳になったから僕も乗るー!」と息巻いてる透をデビューさせてみました。 中山さんに「4歳ってOKでしたっけ?」と聞いてみた所、 「一律の年齢制限は無くしたんですよ。子供の成長って年齢で括れないじゃないですか。  同じように『○歳になったから乗る(乗せる)』と言ってきて、  いきなり事故っちゃうというのが相次いだので……」 という事を言われたのですが、贔屓目抜きで要より才能ありそうだったのでとりあえず乗せてみる事に。 そしたら……マジで上手でした。 要の2度目より普通に走ってる。びっくり。 とりあえず手綱付きで10分ぐらい遊ばせてみたけど、これなら次は普通に走らせても良いかも。 その後に要も乗ったけど、こっちは全然駄目。 フリースペース与えたのが逆に駄目だったらしく、 「初めての場所で緊張しちゃった」だと。

走る〜 Photo by Fatalwedge

そして午後は体験型4周年を華々しく祝う……ほど人が集まりませんでした(´Д`) 前回の30人オーバーは夢か幻か、渉軍団に半分以上を占拠されてなお10人ほどしか集まりませんでした。 ま、少ない人数と引き換えにOFF自体はまったりペースで進行。 後半にはスプリントレースもあり……という所でFatalは寝不足と暑さが胃にキてダウン。 再び意識を取り戻したら丁度最後のレースが終了するところでした。

逃げる〜 Photo by Fatalwedge

終了後、主催者から4周年記念でプレゼントがあるという事で急遽じゃんけん大会に。 初参加の方(名前失念)が折りたたみチェアをGETしていかれました。

椅子ゲト Photo by Fatalwedge

多くの人にカートのすばらしさを伝えモータースポーツの発展に寄与しているKartoff。 今後も続いていくことを願ってやみません。

オフカイ写真追記(text by wataru )

本家カートオフHPの写真がなかなかアップされないので
こちらにわたる軍を貼り付けておきますね。

集合写真 Photo by おーしんさん P1100070.jpg

うちの新人2人組(阿部・高木)、初参加36秒台 P1100060.jpgPhoto by Wataru

いつもクールな井津さんがこの日ばかりは熱い走りで初参加34秒台! P1100065.jpgPhoto by Wataru

どけどけどけどけーの向井さん 「轢き殺されてーのか、ばかやろこんにゃろーめ」 P1100076.jpgPhoto by Wataru

徹on佐藤さん(F1好きな子) P1100059.jpgPhoto by Wataru

以上です。

れ〜すぅいんぐ、発進!(by furuta 2005/5/22)

うっ、気が付くとレポートコーナーがフェータル氏の文章オンリーになっている(いつものこと?) ので、とりあえず書きこんでおきます。

・・・(経緯略) っというわけで行ってきました、レーシングカートの初走行。 目覚まし&テレビのおはようタイマーをフル活用し、始発電車で合流場所へ(ねっ、ねむいっ)。 DC2に乗っけてもらうこと1時間半ほどでフェスティカに到着、 山の中を進んで行った先に突如現れる立派な施設にビックリ!。 まずは、これから一般持ち込み走行時間帯で走れるようにヤマハSLライセンスの申請手続き。 続いて、レンタル・初心者時間帯を利用してのウォームアップ走行。(実技試験を兼ねる) やっぱり速い!!!⇒タイムはともかく回ったりせずにそこそこのペースで走れているので、 以降持ち込み時間帯での走行に突入。

メンテナンスを入れつつ、ふぇーたる⇒YT⇒私⇒たけ、の順番で順調に走行をこなす。 注)順調に周回数をこなせるのは当日サポートのおかげです、ハイ。

レンタルKTには乗ったことはあったが、きちんとメンテされたKTダイレクトは初めて。 いつものレンタルマシンと違って、マシンと対話出来ているような感じ。・・・ カート:「向き変って加速態勢になったでー、アクセル踏まんかい!」 自分:「おっ、おう、じゃあ踏んどくわ」 (対話ではなく、カートが勝手に走っているとも言う??)

各人のベストラップ たけ:35秒前半 YT:35秒前半 フェータル:35秒中〜後半 自分:36秒前半 (ハンドストップ、敬称略)で本日の走行を無事終了。

それにしても、最終的なタイム差がいつものレンタル走行と同じっつーのが面白いところ。(^^ゞ

そのうちアップされるであろう写真付き詳細レポートへ続く(笑)

レーシングカート部活動記 第1回@フェスティカ text by Fatalwedge(2005/05/22)

チームあら?モードにカートを1台譲っていただき、いよいよ本格始動を開始した風来旅団レーシングカート部。 スケジュールの都合でKartoffの翌日という若干きつい日取りだったが意気揚揚とフェスティカに乗り込みます。

ちょっと古いけど念願のマイカート Photo by Fatalwedge

初めて見る「マイカート」は矢張り感慨深い物があります。 既に10年落ちの車体とは言えコンディションは上々で、 レーシングカート初心者の練習用にはうってつけ。 こいつでバリバリ練習して上手くなりたいと思います。

古田さんのケツ Photo by Fatalwedge

フェスティカでスポーツ走行の時間帯に走るにはSLライセンスが必要なので、 小野尾さんに講習をお願いして早朝から集合し座学・実技を見ていただきました。

ぶーん Photo by Fatalwedge

そして走行開始。 Fatal、わいてぃ、古田、たけの順に約10分のローテーションで乗っていきます。 前回あら?モードに借りたPRDよりタイム的にはかなり(約3秒)落ちるんですが面白さは損なわれない。 というか「自分の車」なので何も気にすることなく思いっきり攻め込めたのが一番の要因か。 心配した押しがけもすんなり成功し、スピンもせず、丸一日たっぷりと堪能しました。

フェスティカ看板 Photo by Fatalwedge

……って、色々楽しい出来事が沢山あったはずなのに、 楽しすぎて全然覚えてない(笑) 次回はPC持ち込んで走るそばからレポート書きたいと思います。

CKCUP2005 26th text by Fatalwedge(2005/05/29)

春雨とも入梅ともつかない湿った雨が降る日々の中で、 奇跡的に晴天に恵まれCKカップが開催されました。

空とアスファルトとカート Photo by Fatalwedge

風来旅団はチャレンジクラス4名、チャンピオンクラス3名、 そして耐久レース2チームと、いつも通り大所帯で参戦。 レーシングカート部で購入した机やレジャーシートなども広げ、 いよいよ貫禄の出てきた感のある我がチーム。 これであとは耐久さえ優勝できれば貫禄が虚勢でなくなるのですが…… 果たして今回の結果は。

中山さんと、DJ木幡さんの挨拶でCKカップスタート! すっかり定番となった本職DJの軽妙な実況でテンポ良く進行していきます。 その木幡さん、先日CKで初めてカートに乗ったそうでタイムは35秒前後だったとか。 初めてで35秒出れば上等だと思うのですが、 それ以上にうちらとのタイム差を「体感」して貰えたようで 実況にも熱が入っていたように感じました。

黒い人 Photo by Fatalwedge

不遇の戦士TomyLee?さんが前回見事に(ようやく?)優勝し、 カントク氏が本命と見られる今回のチャレンジクラス。 そうやすやすと優勝させるわけには……と言えないのが辛いところ(´Д`) 今の風来旅団に彼を止められる人間は居ないのじゃよー。 本来なら、最近レーシングカートでブイブイいわしてる吉川君が対抗馬となるはずが 社内の野球部にドナドナされてしまいました(つдT)

タイムアタック自体はさしたる混乱やドラマチックな出来事もなく2回目までを終了。 この時点で中間発表が掲示されますが、モジャさんが結構良い位置に付けている。 予想通り速さを見せ付けるカントク氏はさておき、 3回目のアタック次第では表彰台も十分狙えそうなポジション。 前日に海外から帰ってきたばかりで体調も心配されたモジャさんですが、 「俺、乗れてるよー!」との言葉通り3回目のアタックで素晴らしいタイムをマーク! 結果発表に向け期待が高まります。

チャンピオンクラスは前回優勝者わいてぃ君の活躍が期待されたのですが、 この日は調子が悪かったのかはたまたレーシングカートの経験が悪影響となったのか いまひとつ精彩を欠いた走り。 激務でやつれ果て練習量不足の奥村隊長や、 金欠学生で同じく練習不足の”ダンディ”川田もタイムが伸びない。 風来旅団に倦怠期到来か!?

いやな予感が漂いながら突入した1時間耐久。 悪いことは続くもので車両・グリッドいずれの抽選でも外れを引く我等がチーム(´Д`) まぁ頑張るしかないね……とwithとおるチームのスタートを見届けた時点で Fatalはたこ焼きを焼き終わり、日ごろの疲れがドッと出て撃沈。 意識を取り戻したときはとおるチームがゴールする直前でした。 誰かレース展開について補足よろしく。

そしてwithかなめチーム。 ここでも見事6番グリッドを引き、早くもしょんぼりムードが漂う中でのスタート。 出走順は川田→わいてぃ→Fatalということでスターターは”ダンディ”川田だったんですが スタート直後の混乱をうまく処理できずかなり長い間前の車を抜きあぐね大幅にタイムを落としての走行。 早めにわいてぃにバトンタッチするものの、 比較的クリーンラップが取れ条件は良いはずがやはり周囲に比べて飛びぬけて早い、とはいかず。 さらにバトンタッチしたFatalも車を振り回しすぎてしまい他2人の1秒落ち程度のタイムしか出ない。 そんな感じのまま特に見せ場を作ることもできず 電光掲示板に表示される「T60」の文字を眺めたのでした……

表彰式、まずはチャレンジクラスから。 15位わたる、12位古田、惜しくも7位Fatal、 そして3位モジャ!キタ━━(゚∀゚)━━━!!!!

シャンパンファイト Photo by Fatalwedge

優勝は予想通りカントクこと福地さん。 チャンピオンクラスでも頑張ってください。

そのチャンピオンクラス。 なんと風来がドベ3ポジションを独占(´Д`) 色々要因はあると思いますが切ない結果です。

耐久は6位withかなめ、7位withとおる。 微妙な結果でなんともコメントのしようが無い……

という事でややさみしいCKカップでしたが、 モジャさんが表彰台という嬉しい結果だったのでよしとしましょう。 この倦怠感を吹き飛ばすため次回7月には全員がっちり修行して来たいと思います。

mixiカートオフ第2回@CK text by Fatalwedge(2005/06/04)

非常にどこぞの会と紛らわしい名前ですが(笑) mixiの「カートで爆走しましょうや」というコミュニティが CityKart?を根城にしてるというのでちょっとお邪魔してみました。

乗車説明 Photo by Fatalwedge

最近CKで貸切の依頼が多いため新設された9:00〜10:00の貸切専用時間帯。 今回は早速この時間を活用しての開催です。 朝一なので当然誰も居ないCKに颯爽と車で乗り込み、 一人でレーシングスーツに着替えるFatal。 無駄に気合を入れながら待っていると主催者の”がん”さんが駅待合せ組を引き連れて登場。 良かった(´∀`)=3 (←実は誰も来ないんじゃないかと妙な不安を抱いてたらしいw)

デッドヒート Photo by Fatalwedge

CKスタッフから軽く乗車説明を受けたあと、 まずは未経験の人にどんなものか見てもらおうという事で がんさんやFatalなど経験者5名で1ヒート目を走行。 Fatalは朝一蔵出し冷え冷えのマシンとタイヤを暖めて 次の人が乗りやすいようにする作業に専念しながらも、 前回CKカップで得た「いい感じ」の走りを思い出しつつ走っていたら なんかそこそこのタイムが出て、自分でびっくり。 今までに何度かあった「もがいてたら一皮剥けた」感触があります。 この日、後はもう初心者の人を何人か引っ張ってみたり、 yuki(男)さんの子供と遊んだりしちゃってたので この感覚が本物かどうかはまだわからないですけど。

ゴール寸前 Photo by Fatalwedge

……Fatalにとって初顔合わせの人ばかりのオフ会でしたが、 皆「大人」ばかりで非常にまったり楽しめました。 走行終了後、2次会としてボーリングが開催されたらしいですが Fatalはちょっと野暮用があったので残念ながらここでお別れ。 次回は是非2次会まで参加したいです。

レーシングカート部活動記 第2回@フェスティカ text by Fatalwedge(2005/06/11)

今回参加の冨野さん。 思えば初参加のカートオフが台風の日という素敵な経歴を持つ彼ですが、 そのジンクスが生きているのか季節はずれの台風4号が関東に接近し、 初レーシングカートも雨天となってしまいました。 って別に土砂降りじゃありませんでしたが(´∀`)

冨野さんに加え同じく初レーシングカートのモジャさんと、 それにFatalとわいてぃ君の合計4名でレーシングカート練習会。 まずはモジャさんを拾い、東北道をひた走りフェスティカへ。 待ち合わせ時間より結構早く到着……したらなんかゲート開いてなくてしょぼん。

サインボード Photo by Fatalwedge

車載のためフロントバンパーとサイドポンツーン、 片側2輪のタイヤを外されているカートを組み立て、 まずはFatalから乗車。 とりあえず前回のタイムを目標にするが、コンディションのせいかまったくタイムが伸びない。 乗り換えたわいてぃ君も同じようなタイムしか出ていないので腕のせいではないと理解するも、 レンタルカート以上に路面や気温のコンディションが影響すると痛感。

打合せ Photo by Fatalwedge

Fatalとわいてぃ君が走ってる間にモジャさんととみのさんがSLライセンスのための座学を受け、 その後初心者・レンタルの時間帯で初走行。 ……と思った矢先心配していた雨が降り出し、レインタイヤに交換。 初っ端からウェットはどうよ、とちょっと思ったが そこはウェット大好き風来旅団。 初レーシングカートがウェットでも難なくこなすモジャさんの姿がそこに。

10分ほど走ったところでドライバー交代。 古田さんもそうでしたが、とみのさんが普段CKで見かけるより遥かにいい走りを見せる。 つーか、速ぇえ。びっくり。……ちとまて、速過ぎないか? いくらなんでもわいてぃ君より1秒近く速いって事はないだろー?(´Д`)? どうやら乾きかけの路面に対して、 いい感じに溝が無くなってセミスリック状態なレインタイヤが良かったらしい。 (コンパウンドも軟らかいし>レインタイヤ)

雨も止み、引き続きスポーツ走行の時間帯でガシガシ乗っていきます。 がここでもやはり冨野さんが速い速い。 見てると明らかにライン取りが怪しい箇所とかあるのだが、 軽量にものを言わせた異様な加速で凄まじいストレートスピードを稼ぎ 結果的にわいてぃ君と遜色ないタイムで周回を重ねる冨野さん。 あとで聞いたら体重50Kg切ってるそうで……

# やっぱり体重ハンデきついですよ重冨さーん・゚・(ノД`)・゚・。 # 注・Fatalは80Kgあります。

そんなこんなで心地の良い汗をかきながら午後のセッションに突入し、 わいてぃ君が乗車して帰ってきてみると何かおかしい…… って、見たらサイドポンツーンの付け根がぽっきり折れてる(´Д`) ちょっと治すのも面倒な場所なので、 とりあえずガムテープで固定し(ガムテープは偉大な修理工具だw)そのまま走ることに。 しかし「ありがとう、そしてさようなら」の時期は案外近いのかもしれん。 皆が走ってる裏で小野尾さんとこっそり「次の車」の相談をする(笑)

見づらいけどポッキリ Photo by Fatalwedge

最後のセッションに入る前、結構本格的に雨が降りコンディションはウェットに。 レンタル走行時間も誰も居ないらしく20分切り上げられ。 当然タイヤ替えるのかと思いきや、 にこやかに「このまま行ってらっしゃい」と仰る小野尾さん。 よーし伊達に台風の中走ったりしてねぇぜ! 行くぞおりゃー……ずるずるずるずるうひぃぃいいいいコントロール出来ねぇえええEEE(;゚Д゚) つーかなんですかこれ全然ハンドル利きませんよ。 雨つーか雪の中走ってる気分なんですが。 スピンしまくり挙句の果てには1コーナーを飛び出してボディ下をガリガリ。 「カートにとどめを刺そうとしてるのかと」(小野尾司・談)

しとしと Photo by Fatalwedge

わいてぃ君と交代する頃には雨も上がり、徐々に路面も乾いてきて殆ど普通に走れるように。 ただ路面温度が下がったせいかさっきよりタイムは落ちてる。 全員もう一度乗ったらお仕舞いかな……なんて言ってたら 先ほど切り上げられた20分は延長されず規定通り1時間20分の走行時間で終了してしまった。 モジャさんと冨野さんに若干不公平が出てしまったので次回調整という事で。

帰りは例によって太子館で風呂と食事。 Fatalはそのあとさらに丸一日モジャさんを引っ張りまわして 酒と風呂とゲームと酒につき合わせてしまいました。 おばあちゃんの家の寝心地は良かったようなのでそれで勘弁(笑)

何か間違ってる父の日 Photo by Fatalwedge

おまけ。 このトイザらスは「父親」をどう思ってるんだろう。 何かが激しく間違ってる気がしてならない。

添付ファイル: filefathersday_with_starwars.jpg 66件 [詳細] filefes20050611_4.jpg 68件 [詳細] filefes20050611_3.jpg 69件 [詳細] filefes20050611_2.jpg 66件 [詳細] filefes20050611_1.jpg 69件 [詳細] fileko_1_3.jpg 67件 [詳細] fileko_1_2.jpg 66件 [詳細] fileko_1_1.jpg 75件 [詳細] fileCKCUP26th_4.jpg 62件 [詳細] fileCKCUP26th_3.jpg 75件 [詳細] fileCKCUP26th_2.jpg 73件 [詳細] filefes20050522_4.jpg 71件 [詳細] filefes20050522_3.jpg 66件 [詳細] filefes20050522_2.jpg 64件 [詳細] filefes20050522_1.jpg 71件 [詳細] fileP1080093.jpg 297件 [詳細] fileP1080083.jpg 288件 [詳細] fileP1080081.jpg 273件 [詳細] fileP1080080.jpg 290件 [詳細] fileP1080078.jpg 75件 [詳細] fileP1080069.jpg 309件 [詳細] fileP1080038.jpg 272件 [詳細] fileP1080036.jpg 305件 [詳細] fileP1100070.jpg 321件 [詳細] fileP1100076.jpg 320件 [詳細] fileP1100065.jpg 295件 [詳細] fileP1100060.jpg 323件 [詳細] fileP1100059.jpg 311件 [詳細] filekartoff54_4.jpg 80件 [詳細] filekartoff54_3.jpg 67件 [詳細] filekartoff54_2.jpg 72件 [詳細] filekartoff54_1.jpg 73件 [詳細] fileF1D20050514_1.jpg 71件 [詳細] filekartoff52.jpg 61件 [詳細] filefes20050424_3.jpg 71件 [詳細] filefes20050424_2.jpg 61件 [詳細] filefes20050424_1.jpg 65件 [詳細] filenyuusin.jpg 70件 [詳細] file入信.jpg 58件 [詳細] fileCKCUP25th_10.jpg 75件 [詳細] fileCKCUP25th_9.jpg 81件 [詳細] fileCKCUP25th_8.jpg 84件 [詳細] fileCKCUP25th_7.jpg 79件 [詳細] fileCKCUP25th_6.jpg 84件 [詳細] fileCKCUP25th_5.jpg 88件 [詳細] fileCKCUP25th_4.jpg 77件 [詳細] fileCKCUP25th_3.jpg 78件 [詳細] fileCKCUP25th_2.jpg 83件 [詳細] fileCKCUP25th_1.jpg 84件 [詳細] fileAppleBS200504_2.jpg 81件 [詳細] fileAppleBS200504_1.jpg 74件 [詳細]